IDEC株式会社により出願された特許

1 - 10 / 188


【課題】壁の一箇所に設けた接続孔から、壁面に並べて据え付けられる複数台の機器に対応した数の配線をまとめて引き出して、各機器用の配線を各機器の端子部に接続するのに好適なキャビネット構造を提案する。
【解決手段】本発明のキャビネット構造は、第1配線スペース12、第2配線スペース13、第1ノックアウト部14及び第2ノックアウト部15を有する。第1配線スペース12はメインキャビネット20の背面に開口し、壁600に開けた接続孔601に一端が対向して配置され、メインキャビネット20内の奥行き方向に形成される。第2配線スペース13は第1配線スペース12の他端が連続し、メインキャビネット20内の幅方向の全長に亘って形成される。第1ノックアウト部14は第2配線スペース13の一端が連続し、メインキャビネット20の一側面21に形成される。第2ノックアウト部15は第2配線スペース13の他端が連続し、メインキャビネット20の他側面22に形成される。 (もっと読む)


【課題】複数枚の据付板を壁面に整然と並べて固定する作業を容易に行えるようにする。
【解決手段】据付板10A,10Bは、1台の機器を壁面に据え付けるために使用され、複数台の機器の据付に対応して複数枚が壁面に並べて固定される。据付板10A,10Bは、位置決め冶具20を一体に有する。位置決め冶具20は、隣接する2枚の据付板10A,10Bの対応箇所に当接されて配列方向及びそれに垂直な方向の位置を決定する。 (もっと読む)


【課題】 複数のレンズを連設してなるレンズユニットを、複数のリフレクターを連設してなるリフレクターユニットに対して、脱着容易に係止するための照明装置用レンズ係止構造を提供する。
【解決手段】 LED発光素子10Lからの出射光を反射させるための少なくとも2つのリフレクター20を連設してなるリフレクターユニット2と、各リフレクター20にそれぞれ対応して配置された少なくとも2つのレンズ30を連設してなるレンズユニット3と、レンズユニット3の隣り合う各レンズ30の間に形成された貫通孔3aを挿通して、リフレクターユニット2の隣り合う各リフレクター20の間に形成された係止孔2aに係脱自在に係止するファスナーバネ4とを設ける。 (もっと読む)


【課題】LEDからの直接光の光量を減少させる遮光部材を設けることにより、高輝度のLEDを光源とする照明装置による照度ムラの発生を防止する。
【解決手段】光源モジュール50を構成するリフレクタ20の本体1内に形成された凹部21内において、LED40の下方に遮光体2を配置した。遮光体2は、円錐形状を呈し、支持体3によって保持される。LED40から照射された光のうち直接的に開口部102から外部に向かう光の少なくとも一部は遮光体2の反射面201で内側面104に向かって反射する。 (もっと読む)


【課題】簡単な構造でハンド先端部の取り外しを行う。
【解決手段】ハンド先端部4をハンド本体部3から取り外す際には、治具8の治具ピン83が、ハンド先端部4の貫通孔42の下部開口から挿入されて着脱機構35のピストン352に当接する。その後、ハンド本体部3のエア溜まり311が大気開放され、圧縮エアによるピストン352への圧力が解放される。そして、治具8のバネ84の復元力により、治具ピン83がピストン352を押圧しつつ治具本体81から突出する方向へと移動する。これにより、複数のボール353が着脱凸部351の孔内部へと戻って貫通孔42との係合が解除される。その結果、ハンド本体部3とハンド先端部4との固定が解除される。このように、ロボットハンド2では、簡単な構造でハンド先端部4の取り外しを行うことができるため、組立ロボットの製造コストを低減することができる。 (もっと読む)


【課題】照明される領域およびその明るさを容易に把握することができる照明操作端末を提供する。
【解決手段】照明操作端末1は、タッチパネル装置10を備え、タッチパネル装置10には照明が行われる領域を示す画像111が表示される。入力部12である右ボタン112や左ボタン113が操作されると、対応する画像111が示す領域の照明装置の明るさが変更される。同時に、表示制御部により、画像111の明るさが変更され、明度表示114および消費電力表示115も更新される。画像111により、操作する照明装置が照明を行う領域を容易に把握することができ、さらに、画像111の明るさにより、照明される領域の明るさも容易に把握することができる。照明操作端末1により照明装置の色合いが操作され、同時に画像111の色合いが変更されてもよい。 (もっと読む)


【課題】 LED発光素子の直下の照度を犠牲にすることなく、側方からの視認性を向上できるLED照明装置を簡単な構造で実現する。
【解決手段】 LED照明装置において、LED発光素子20および当該LED発光素子20を搭載する筺体21からなる照明装置本体2と、LED発光素子20の直下を覆うことなく、筺体21の側部21bの側に配置され、LED発光素子20から出射された光を筺体21の側方に拡散するための拡散プレート部31とを設ける。照明装置本体2は、LED発光素子20からの出射光の照射側に透光性カバー3を有しており、拡散プレート部31が透光性カバー3と一体に設けられている。 (もっと読む)


【課題】側方への照射光を簡単な機構で実現できるLED照明装置を提供する。
【解決手段】LED照明装置1が、複数のLED発光素子10が搭載される基板4と、前記基板が固定される底面と、該底面から伸びた側壁面とを有し、当該底面の対向面が開放面をなすフレーム20と、前記LED発光素子から放出された光を通過する第1の開口窓部20hを有し、前記フレームに対して前記開放面側から取り付けられる化粧カバー6と、前記第1の開口窓部を覆うように前記化粧カバーに固定され、前記LED発光素子から放出された光の一部を透過させ、一部を反射または散乱する第1の透光性プレート5と、前記側壁面の少なくとも一つに設けられ、前記第1の透光性プレートから反射または散乱された光を外部に通過させる第2の開口窓部とを備える。 (もっと読む)


【課題】気体溶解装置において、気体と液体との接触面積を一定に維持する。
【解決手段】気体溶解装置3は、上側から下側に向かって順に第1ないし第5水平流路321〜325を有し、第1ないし第4水平流路321〜324には、堰止部32aが設けられる。第1水平流路321には混合ノズル31から気体と液体との混合流体が流入し、堰止部32aにより液体72が貯溜される。堰止部32aを越える液体72は下側の水平流路に流れ落ちる。液体72が気体に接しつつ流れることにより、気体が液体72に溶解した加圧液71が得られる。水平流路の断面は円形であるが、堰止部32aにより液体72の液面の高さが一定に維持され、気体と液体72との接触面積も一定に維持される。その結果、加圧液71の生産量を変化させても単位体積当たり所望の量の気体が溶解した加圧液を容易に得ることができる。 (もっと読む)


【課題】水耕栽培装置において液体の温度を容易に制御するとともに液体の温度を容易に均一とする。
【解決手段】水耕栽培装置1は、加圧溶解部31、加圧溶解部31からの培養液91を貯溜する定植水槽2、定植水槽2内の培養液91の温度を測定する温度センサ6、および、温度センサ6からの出力に基づいて加圧溶解部31の稼動率を変更する制御部7を備える。加圧溶解部31では、加圧環境下にて培養液91を混合容器32内へと噴射することにより培養液91への空気の加圧溶解が行われ、培養液91の温度が上昇する。定植水槽2内の培養液91の温度が設定温度よりも低い場合、加圧溶解部31が連続的に稼働され、設定温度よりも高い場合、加圧溶解部31が間欠的に稼働される。このように、気体溶解部3の稼動率が変更されることにより、培養液91の温度を容易に制御することができるとともに、培養液91の温度を容易に均一とすることができる。 (もっと読む)


1 - 10 / 188