江崎グリコ株式会社により出願された特許

1 - 10 / 187


【課題】内部に収納される食品を型崩れさせることなく綺麗な状態で取り出すことができる包装用容器、及び、そのような容器と食品とを備える容器入り食品を提供する。
【解決手段】食品を収納する可撓性の包装用容器であって、底板と、前記底板の周囲から立ち上がる側壁とを備えており、前記側壁は、その上端から下方に向けてのび、指先が通過可能な切欠き部を複数備えている包装用容器。 (もっと読む)


【課題】血糖値、内臓脂肪、血中コレステロール、中性脂肪などを改善する。
【解決手段】酵素合成グリコーゲン(ESG)を使用することにより、血糖値、内臓脂肪、血中コレステロール、中性脂肪など網羅的に改善する。 (もっと読む)


【課題】ハンバーグの素を提供する。
【解決手段】(1)食用油脂、(2)寒天又はネイティブ型ジェランガム、(3)炒め玉葱を含むことを特徴とするハンバーグの素。 (もっと読む)


【課題】味の濃いプレッツェル製品及びその製造方法を提供する。
【解決手段】長さ方向にわたる溝部とその溝部に対応する凸部を有する焼成非対称形状の棒状プレッツェルに油、シーズニング、クリーム及びチョコレートからなるいずれかを付着させるが、前記溝部が前記凸部よりも多くの付着物を付着させるようにする。前記プレッツェルには膨脹剤を含まず、プレッツェル生地を乾熱条件下で膨化を抑制しながら焼成する。 (もっと読む)


【課題】口臭抑制効果の高い組成物を提供する。
【解決手段】有機酸とカルシウム化合物を含有する、口臭抑制用組成物。 (もっと読む)


【課題】開封用ノッチに外力が加わることによる包装体周壁の破れを防止しつつ、開封時には破断切線に沿って周壁を確実に破り取ることができ、簡易かつ確実に開封作業を行うことができる円錐状包装体を提供する。
【解決手段】貼着部11には、摘み部2の両脇2箇所に開封用ノッチ13a、13bがそれぞれ第1破断切線3、第2破断切線4と所定の間隔を隔てて形成されている。第1破断切線3及び第2破断切線4の開封用ノッチ13a、13b側の端部には、それぞれ第1破断切線3及び第2破断切線4の開封方向上流側を起点として、円錐状包装体1の下方向且つ摘み部2に近づく方向に斜めに延在する第1誘導切線15a、16aが形成されている。 (もっと読む)


【課題】酵素合成グリコーゲン(ESG)に対する特異的抗体、および該抗体を用いるグリコーゲンの定量法を提供する。
【解決手段】酵素合成グリコーゲン(ESG)に対して指向される抗体、その抗原結合性断片または該抗原結合性断片を含む結合分子ならびにその組成物。また、それらを用いて、サンプル中のグリコーゲンを検出または定量する方法。 (もっと読む)


【課題】湯戻り及び食味が良好で、カレーの香気成分が保持された凍結乾燥カレーの製造方法を提供する。
【解決手段】食用油脂、野菜ペースト、カレー粉、具材および水を含む混合物を炊き上げてカレーベースを得る工程、得られたカレーベースを凍結乾燥する工程を有する凍結乾燥カレーの製造方法であって、前記カレーベースを高速裁断撹拌機で撹拌する工程を有することを特徴とする凍結乾燥カレーの製造方法。 (もっと読む)


【課題】ソフトな食感の糖衣菓子を提供する。
【解決手段】菓子類からなる芯材をソフトな糖衣層で被覆した糖衣菓子において、前記糖衣層が還元パラチノースとデンプンを含む、糖衣菓子。 (もっと読む)


【課題】湯戻り及び食味が良好で、良好な粘度を有する凍結乾燥カレーとその製造方法を提供する。
【解決手段】野菜ペーストを含む凍結乾燥カレー本体に、食用油脂と増粘剤を含む増粘剤分散液を含浸又は塗布してなる凍結乾燥カレー。 (もっと読む)


1 - 10 / 187